適切な葬儀の服装

葬儀に参列する際には適した服装があります。なんとなく正しい服装のイメージは持っていても、実際に参列する時にどういった服装を用意すれば良いのか分からない場合もあります。遺族や周囲の人を不快な思いにさせないためにも、その場に適した服装とはどのようなものなのかを知っておく必要があります。

男性の場合は、白のワイシャツに黒や濃紺などの暗い色のスーツを着るのがデフォルトです。この際に、ネクタイも派手な色味や柄のものをチョイスするのは控えましょう。黒のネクタイがベストであり、柄が入っていたとしても地味なものを選んだ方が良いです。また、靴下に関しても黒を選ぶようにして靴は目立つような金具がついたものを避けるようにすれば葬儀の場に合った服装だと言えます。

女性の場合は黒や濃紺などの地味めな色のワンピースがデフォルトです。女性の場合は身だしなみの1つとして化粧をすることが多いですが、葬儀の場では濃い目で派手なメイクなどは避けて薄メイクを意識すると良いです。ストッキングも黒を選びましょう。また、靴は黒であまり光沢が強いようなエナメル質の素材のものは避けます。さらに、アクセサリーは真珠のネックレスが適しており、2連のものは重なるというイメージにつながるので使用してはいけません。これさえ意識しておけば葬儀に参列した際にも安心です。