宗教による葬儀の違い

葬儀は、宗派によって細かい点が異なります。そのため、参列をする際には参加する葬儀の宗派を確認しておくことが大切です。日本では、仏教式のものがほとんどの割合を占めているものの、枝分かれしておりその細かい宗派によっても若干の違いがあります。それに加えて、キリスト教の家庭も存在しているため、全て同じ流れで進むとも限りません。そのため、細かいマナーを知っておかないといざ足を運んだ時に慌ててしまいます。

今までに参列したことがなかった葬儀の形式だということもありえます。そうなってしまった時に、どのような流れで進行していくのかに加えて自分が葬儀の中でどう振る舞っていけば良いのか分からないようでは故人をしのぶ気持ちをもって送ることもできなくなります。

そのため、もし葬儀に参列することになった場合、どのような宗派であるのかなどの情報が入ってきたのであれば、事前にどのような流れで行われるのか、具体的なマナーなどをしっかりと調べておくことをおすすめします。そうすれば、参列したことがなくてもどうすれば良いのかも迷わないですし、なにより遺族の人たちに失礼になるようなマナー違反な行動をとるという心配もなくなります。