葬儀の供物マナー

葬儀に参列することになり、故人と親交があった場合には供花や供物などを送るケースもあるでしょう。しかし、葬儀への参列が初めての場合はどのようにしたらいいか分からないこともあるはずです。供花や供物の場合は、故人に捧げるものであることから参列する人だけではなく喪主も送る立場になるので覚えておきましょう。

また、故人を弔う気持ちで送る供花ですが、地方によっては生花を使用しないという場合や花輪を使用しないなどのケースもあります。遠方の葬儀の場合は、その地方の葬儀の違いなどが分からない場合もあるので、注意が必要です。もし、遠方の葬儀で供花などを出す場合は、葬儀社に一度確認をしたうえで送ることによってマナー違反になったり、失礼なことをしてしまうのを防げます。

供花や供物を送るという申し出をした場合でも遺族が辞退するという場合も存在します。その場合は、食い下がるなどせずに遺族の意向に従うことも大切です。さらに、会場の広さによっては迷惑になる場合もあるので、供花の大きさにも注意が必要です。これらのことを守るように意識をすれば、供花や供物を正しく送ることができるでしょう。いつ自分がそのような立場になるか分からないので覚えておきましょう。