葬儀前のマナー

葬儀にはさまざまなマナーがありますが、始まるまでの時間の振る舞いも重要です。さまざまな方が参列する式だからこそ、いつ誰に見られているか分からないという意識を持っておくことが大切です。葬儀が始まる前であっても、しっかりとした大人の振る舞いができるようにポイントを押さえておくようにしましょう。

まず、葬儀に参列する際には遅刻は厳禁です。そのため、だいたい10分前には到着できるように家を出る時間を計算しておき、しっかりと始まる時間を確認しておく必要があります。また、会場に到着した際には受付に行って香典を受付の人に渡します。そして、芳名帳に自分の名前を記入します。この時、すでに通夜で香典を出している場合は、名前を書くだけでかまいません。式までは携帯の電源を切っておいたりマナーモードにしておきましょう。

そして、式場に案内をされたら席が指定されている場合はその席に座ります。また、人数が多くて座れないケースでは、他の人の邪魔にならない場所に立って待ちます。さらに、葬儀が始まる前に葬儀の最中に使用する数珠なども手元に用意しておくと良いでしょう。これらのことを意識して、式が始まるのを正しい振る舞いで待ちましょう。